Garjueの21世紀版音楽講座

 

みなさんこんにちは。ガージュです。

ここまでの記事で音によって人の心や体が癒される事がなんとなく分かって頂けたと思います。

では、今日はもっと基本的なこと、「音ってそもそも何なの?」

という疑問について考えてみましょう。

まず一言で言えば音は空気を震わせるエネルギーです。

 

ある一定した振動を持つエネルギーが空気を振動させます。

その振動が耳の鼓膜に伝わると鼓膜が空気の振動に同調して振動します。

その鼓膜の振動を電気エネルギーに変換して脳に伝え私たちは音を聴いているのです。

 

この世界(地球上も宇宙も)はエネルギーに満ちています。

太陽風もシミそばかすの原因となる紫外線も、宇宙が誕生した時に放たれ今現在もそこらじゅうを飛んでいるマイクロ波もみんなエネルギーです。

例えば今目の前で光っている蛍光灯は電気エネルギーで輝いていますが、その電気は発電所で化石燃料を燃やすことでタービンを回し、 タービンが回転するエネルギーで発電した電気が送電線を通じて 私達の家庭に配られ、結果スイッチを入れれば発光します。

同じように私たちはこの世界に充満するエネルギーを意識下でも 無意識下でも感じ取り、それらのエネルギーを電気信号に変換して脳に伝えています。

そのエネルギー伝達の空気振動バージョンが音に当たります。

よくコンサートで音楽を聴いて「パワーをもらった!」と表現する事があります。

きっとその会場には最初多くの人々が放つ良くも悪くもたくさんのエネルギーが充満していたことでしょう。

そして、音楽や音楽家自信が放つエネルギーがそれらをオーディエンスが心地良いと感じるエネルギーに変換し、会場を癒しのパワーで包み返したのかもしれません。

その時、音という空気をふるわせるエネルギーが鼓膜や肌を通じて脳に伝わり、私たちは「美しい!」と感じています。

その美しさは決して演奏者のテクニックだけではなく、 自然界にもともと存在する

調和を、倍音を初めとする響き音階・リズムの調和から感じ取ることで、

人間が都市型の暮らしの中で 見失いがちな自然のバイオリズムとの同調が起こっているのです。

ちなみに脳波電気信号です。

脳波という電気信号によるサインで体のあらゆる臓器が活動しています。

乱れた脳波は、自然本来の乱れのない信号に触れることで整えられると考えられています。

これを物理学では「引き込みと同調」と呼びます。
振り子時計を同じ壁にかけておくと、最初ばらばらだった振り子がやがて完全に同調して動く現象です。

音楽によって、人間の脳波、鼓動、呼吸など様々な人間の活動の上でも同調する現象が起きる事が、神経科学の研究で分かってきています。

 

あるべき同調を取り戻すと前回ご紹介したように、体の中の乱れが整えられ、

リラックスし、ストレスが軽減し、免疫力も高まります。

まさしく音が生きるために必要なパワーを与えてくれるのです。

音楽が持つ癒しのパワーを徹底解説・指導する音楽講座!

 

大好評!!「Garjueの21世紀版音楽講座は」こちらから

音楽の持つ癒しの力を科学し、音楽家セラピスト音楽療法士はもちろん、
音楽を愛する全ての人々に、音楽の癒しの力を伝授してしています!